いいね!
3

2018/3/20

イノベーション・マネジメント(玉田 俊平太)

安倍政権の2本柱は「生産性革命」と「人作り革命」ですが、「生産性革命」とは、自社の製品やサービスを差別化することによって、同じインプットから他社には真似のできないより価値の高いアウトプットを生みみ出す「プロダクトイノベーション」や、より少ないインプットから従来と同等のアウトプットを産み出す「プロセスイノベーション」によって達成されます。すなわち、「生産性革命」とは「イノベーション」そのものなのです。
また、企業の広報資料に「我が社は○○分野のイノベーターを目指します」と謳われているのをよく目にします。しかし、「イノベーションとは何ですか?」と聞いてみると、人によって答えはまちまちで、インベンション(発明)との区別もあいまいな場合が多いようです。そこで、本講義ではイノベーションとは何か、イノベーションを通じて企業の競争優位を構築するにはどのようにすれば良いか、などについて理解を深めます。

【講師】

玉田 俊平太

博士(学術)東京大学 MPA(ハーバード大学)

ハーバード大学大学院にてマイケル・ポーター教授のゼミに所属、競争力と戦略の関係について研究するとともに、クレイトン・クリステンセン教授からイノベーションのマネジメントについて指導を受ける。筑波大学専任講師、経済産業研究所フェローを経て現職。その間、東京大学先端科学技術研究センター客員研究員、東京大学先端経済工学研究センター客員研究員、文部科学省科学技術政策研究所客員研究官を兼ねる。研究・イノベーション学会評議員。日経ITイノベーターズ会議アドバイザリーボードメンバー。日本経済学会および日本知財学会会員。平成23年度TEPIA知的財産学術奨励賞「TEPIA会長大賞」受賞。著書に『日本のイノベーションのジレンマ破壊的イノベーターになるための7つのステップ』(翔泳社、2015年)、『産学連携イノベーション―日本特許データによる実証分析』(関西学院大学出版会、2010年)、『イノベーション論入門』(中央経済社、2015年)、『イノベーション政策の科学:SBIR政策の評価と未来産業の創造』(東京大学出版会、2015年)、『巨大企業に勝つ5つの法則』(日本経済新聞出版社、2010年)、『ビジネス・イノベーション・システム−能力・組織・競争(日本評論社、2009年)』、『日本のイノベーション・システム—日本経済復活の基盤構築にむけて—』(東京大学出版会、2006年)がある。監修書に『破壊的イノベーション』(中央経済社、2013年)、『マンガと図解でわかるクリステンセン教授に学ぶ「イノベーション」の授業』(翔泳社、2014年)がある。監訳に『イノベーションのジレンマ』(翔泳社、2000年)、『イノベーションへの解』(翔泳社、2003年)が、翻訳に『BIODESIGNバイオデザイン日本語版』(薬事日報社、2015年)、『イノベーションの経営学』(NTT出版、2004年)などがある。

主な担当科目:テクノロジー・マネジメント、イノベーション経営、Product Innovation

【受講をお勧めしたい方 】

・企業のトップマネジメント(CEOやCTO)を目指す方
・技術を競争優位に変えるやり方を学びたい方
・技術を通じたベンチャーを目指す方

【受講に必要な知識・実務経験】

とくにありませんが、新しいことにワクワクする知的好奇心を持った方の参加を期待します。

【カリキュラム】

第1回 2018年8月1日(水) 18:30~21:30
イノベーションとは何か?

・イノベーションと競争上の優位性
・イノベーションのタイプ
・イノベーション・プロセスを部分的にしか理解しないことが招く結果
・イノベーションをマネージすることなどできるのか?

第2回 2018年8月8日(水) 18:30~21:30
イノベーターのジレンマ-技術革新が巨大企業を滅ぼすとき

・イノベーション戦略のためのフレームワーク
・マイケル・ポーターのフレームワークの評価
・破壊的イノベーションとは何か

第3回 2018年8月22日(水) 18:30~21:30
イノベーターのジレンマ-技術革新が巨大企業を滅ぼすとき(2)

・既存優良企業が対抗できないのはなぜか
・破壊的イノベーションのマネジメント

第4回 2018年8月29日(水) 18:30~21:30
技術を競争優位に変えるには

・国のイノベーション・システム
・競争相手にどのように対抗するか
・イノベーションから得られる利益を専有する-イノベーションを通じた競争優位の構築

【申込・受講料納入方法】

受講にあたっては、事前の申込・受講料納入が必要です。
受講申込は各講座の「申込」から行ってください。
申込は先着順(定員25名)で、申込期限は原則として各講座開始の2週間前までです。
1.申込フォームに必要事項を入力して送信してください。
2.自動返信により申込受付メールが届きます。
3.申込日から3日以内に受講料を振り込んでください。⇒以下の「受講料振込について」をご確認ください。
4.講座開始の約1週間前に事務局から受講案内のメールをお送りします。

受講料振込について

・受講費用は21,600円です。
受講料振込方法・振込用紙(21,600円)(PDF:308KB)
・講座開始1週間前以降、申込取りやめによる返金はいたしかねます。

☆2講座目以降受講の方への受講特典!

経営戦略講座にて2講座目以降の受講費用は19,440円となります。
2017年度に経営戦略講座を受講された方の受講費用は19,440円となります。
申込フォーム通信欄に以前に受講した講座名を記入してください。
受講料振込方法・振込用紙(19,440円)(PDF:308KB)

【お申し込み】

お申し込みはこちらから⇒申込フォーム