いいね!
0

2018/2/16

ケースで学ぶ国際財務報告基準(IFRS)(杉本 徳栄)

日本企業による国際財務報告基準(IFRS)の適用事例などをもとに、日本企業にとって重要と思われるいくつかの基準について学び、理解を深めるための講座です。

【講師】

杉本 徳栄

博士(経済学)東北大学

神戸商科大学大学院経営学研究科博士後期課程単位取得退学。延世大学大学院留学(1986年~1987年)、デューク大学FuquaビジネススクールResearch Scholar(1999年~2000年)。現在の研究テーマは、アメリカ証券取引委員会(SEC)の会計政策や国際会計基準審議会(IASB)の戦略。『アメリカSECの会計政策』(中央経済社、2009年)で国際会計研究学会学会賞、『開城簿記法の論理』(森山書店、1998年)で日本会計史学会学会賞を受賞。公認会計士試験試験委員(2010年度~2013年度)。現在、国際会計研究学会会長、日本会計教育学会理事、会計大学院協会理事長、会計教育研修機構理事、文部科学省中央教育審議会専門委員、税理士試験試験委員などを務める。

主な担当科目:国際会計論、国際会計基準論、財務会計論文指導

【受講をお勧めしたい方 】

・優れた会計専門職業人を目指している方。
・IFRSの主たる規定について学びたい方。
・IFRSの任意適用を行なっている日本企業の実態について理解したい方。

【カリキュラム】

第1回 2018年4月8日(日) 12:15~14:45
ケース(1)「財務諸表の表示・開示」―IFRS任意適用企業の開示実態

第2回 2018年4月15日(日) 12:15~14:45
ケース(2)「有形固定資産」・「無形資産」の適用実態

第3回 2018年4月22日(日) 12:15~14:45
ケース(3)「資産の減損」の適用実態

第4回 2018年4月29日(日) 12:15~14:45
ケース(4)「企業結合」の適用実態

 

本講座の受付は終了しました。