1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (まだ評価がありません)
読み込み中...

2018/2/16

実践コーポレート・ファイナンス入門(徳崎 進)

財務管理ないし経営財務は、株主価値向上を使命とする経営管理者に、価値の源泉を明らかにするとともにその向上のためのツールを提供する実践的な分野です。本講義では、ファイナンスの基本的な理論と手法を抽出し、講義と演習を通じて平易に解説します。

【講師】

徳崎 進

公共経営学修士(MPA)ハーバード大学 博士(経営学)甲南大学 米国公認管理会計士(CMA)・米国公認財務管理士(CFM)

関西学院大学商学部卒。世界ビッグ4会計事務所、日米欧大企業・金融機関の管理職等を歴任後、教育・研究活動に専念。2005年より現職。東北大学客員教授(2017年~2019年)。教育の傍ら俳優として演劇を通じた社会教育活動にも注力。2007年~現在 日本管理会計学会関西・中部部会評議員。2018年~現在 IMA(米国管理会計士協会) 西日本支部理事。 2007年~2009年 会計大学院評価機構評価員。『VBMにおける業績評価の財務業績効果に関する研究-事業単位の価値創造と利益管理・原価管理の関係性-』(関西学院大学出版会、2012年)で日本管理会計学会2012年度学会賞(文献賞)、日本原価計算研究学会平成24年度学会賞を受賞。主な著書に、『ファイナンシャル・マネジメント・ハンドブック』(東洋経済新報社、2002年:単著)、『管理会計レクチャー〔基礎編〕』(税務経理協会、2008年:共著)、『セミナー管理会計』(税務経理協会、2016年:共著)などがある。

主な担当科目:管理会計論、意思決定会計論、創造性マネジメント

【受講をお勧めしたい方 】

・コーポレート・ファイナンスを本格的に勉強したいと考えている初学者の方。
・現在あるいは将来の管理職としての職務に役立てるべく、今日の企業財務の問題に関する理解を深めたいと考えている方。

【カリキュラム】

第1回 2019年2月3日(日) 12:15~14:45
企業財務理論の前提

効率的資本市場仮説、リスクとリターン、ポートフォリオ理論などの学習を中心にファイナンスの基本原理を理解する。

第2回 2019年2月3日(日) 15:00~17:30
投資の意思決定

プロジェクトの評価に適切なキャッシュ・フローの算定及び投資評価の各手法の理論・計算法について学ぶ。

第3回 2019年2月17日(日) 12:15~14:45
資金調達とペイアウトの意思決定

MM理論、資本コスト、最適資本構成、配当/自社株買い政策について学習する。

第4回 2019年2月17日(日) 15:00~17:30
企業価値の評価

FCF(フリー・キャッシュ・フロー)およびEVA(経済付加価値)に基づいた企業価値の算定に関して、理論と活用法を学ぶ。

本講座の受付は終了しました。