いいね!
0

2018/2/16

企業の各種報告書を読む ―制度開示のあらまし―(上田 耕治)

株式会社は、各種の利害関係者に対して制度上多くの報告書を作成し公表しています。
おおよその会計知識を習得したら、これらの報告書から企業の状況に注目してみましょう。本講座では、有価証券報告書や株主総会の開示資料等の記載のあらましを講述し、事例を用いて各種報告書の記載内容から企業情報の実践的な読み方を学習します。

【講師】

上田 耕治

博士(商学)関西学院大学 公認会計士 税理士

関西学院大学法学部卒業、商学研究科博士課程後期課程単位取得。事業会社、監査法人勤務、個人事務所開業を経て本学教員。ネクサス監査法人代表社員、2009年~2012年公認会計士試験試験委員(財務会計論)。実務家として企業内容開示の観点から会計および監査の諸課題を研究している。主要著書『監査基準(手続論)』(同文舘出版、2006年)、『企業内容開示の動向』(関西学院大学出版会、2010年)。

主な担当科目:監査論、監査制度論、会計制度論、企業内容開示論

【受講をお勧めしたい方 】

・有価証券報告書を用いて、会計知識を実践的に利用したいと考えている方。
・株式投資等、より多くの企業情報の入手を考えておられる方。
・企業(株式会社)の知識や理解を深めたいと思っている方。

【カリキュラム】

第1回 2018年11月4日(日) 15:00~17:30
有価証券報告書のあらまし

有価証券報告書の記載内容を概観し、会計情報を含む企業情報の枠組みを学習します。

第2回 2018年11月11日(日) 15:00~17:30
株主総会招集通知と事業報告のあらまし

株主総会の招集通知と事業報告計算書類の全体を概観して、株式会社のしくみを習得します。

第3回 2018年11月25日(日) 15:00~17:30
決算短信と適時開示情報のあらまし

証券取引所の開示規制である適時開示について学習します。

第4回 2018年12月16日(日) 15:00~17:30
コーポレート・ガバナンス報告書のあらまし

証券取引所の規制であるコーポレート・ガバナンス・コードとその開示事例を概観します。

 

本講座の受付は終了しました。