いいね!
0

2018/2/16

経営学入門 ―会計・財務の学びのために―(加藤 雄士)

経営学の基礎知識を学んでいきます。
特に会計や財務の学習に役立つ体系的な視点で経営学を学んでいきます。

【講師】

加藤 雄士

税理士 中小企業診断士

関西学院大学大学院商学研究科博士課程前期課程修了後、(株)岩崎経営センターに勤務。その後、独立し加藤雄士税理事務所を開業。現在、税理士、中小企業診断士、社会保険労務士の実務家として活動中。独立後、中小企業診断士講座で、経営コンサルタント養成に約10年間たずさわった。また、全国の地方自治体、民間企業、中小企業大学校、税務大学校などで人材開発を行っている。著書・論文に『経営に活かす人材開発実務』(関西学院大学出版会、2010年)、『株式会社簿記論』(中央経済社、2014年:共著)、「コーチングとファシリテーションの活用に関する一考察―組織開発、学習する組織などへの展開―」(関西学院大学産業研究所 産研論集第41号 2014年3月)がある。

主な担当科目:経営学、経営管理論、経営財務論、人材開発論

【受講をお勧めしたい方 】

・経営学の基礎知識を体系的に整理して学びたい方。
・会計や財務の学習や仕事をしていて、経営学という広い視点で会計、財務を捉えなおしたいと考えている方。
・経営学の知識を実務(業務)にどのように活用できるか興味がある方。
・公認会計士試験などの試験科目として経営学を学習している方で、体系的に経営学をとらえたい(応用力、論述問題対策力を身につけたい)と考えている方。
・日経新聞の経営の記事を面白く読めるようになりたい方。

【カリキュラム】

第1回 2018年8月4日(土) 12:15~14:45
経営学の体系(1)-広い経営学をわずか1枚の体系にまとめて俯瞰する-

第2回 2018年8月4日(土) 15:00~17:30
事業の内容を知る

経営学の体系(2)-広い経営学をわずか1枚の体系にまとめて俯瞰する-
経営学の歴史(1)-経営学100年の歴史をわずか1枚の年表で俯瞰する-

第3回 2018年8月5日(日) 12:15~14:45
経営学の歴史(2)-経営学100年の歴史をわずか1枚の年表で俯瞰する-
経営学と財務管理-経営戦略のフレームに財務管理を落とし込んで整理する-

第4回 2018年8月5日(日) 15:00~17:30
経営学と実務
-経営学の基礎知識を使って日経新聞の記事を読む、事業会社の財務計画を経営学的な視点で学ぶ-

 

【申込・受講料納入方法】


受講にあたっては、事前の申込・受講料納入が必要です。
受講申込は各講座の「申込」から行ってください。
申込は先着順(定員25名)で、申込期限は原則として各講座開始の2週間前までです。
1.申込フォームに必要事項を入力して送信してください。
2.自動返信により申込受付メールが届きます。
3.申込日から3日以内に受講料を振り込んでください。⇒以下の「受講料振込について」をご確認ください。
4.講座開始の約1週間前に事務局から受講案内のメールをお送りします。

受講料振込について

・受講費用はいずれの講座も21,600円です。
受講料振込方法・振込用紙(21,600円)(PDF:322KB)
・講座開始1週間前以降、申込取りやめによる返金はいたしかねます。

☆2講座目以降受講の方への受講特典!

アカウンティング講座にて2講座目以降以降の受講費用は19,440円となります。
2017年度にアカウンティング講座を受講された方の受講料は19,440円となります。
申込フォーム通信欄に以前に受講した講座名を記入してください。
受講料振込方法・振込用紙(19,440円)(PDF:321KB)

履修証明書について

※受講開始前の申込が必要です。
受講開始から2年以内に「アカウンティング講座」内の講座を12講座(120時間)(ただし発展科目を4講座以上)を受講し、最終リポートに合格された方には、12講座終了後にその事実を証する「履修証明書」ならびに「履修内容証明書」を授与します。
アカウンティング講座履修証明要項(PDF:229KB)
履修証明プログラム申込書(PDF:94KB)

【お申し込み】


お申し込みはこちらから⇒申込フォーム