2017/10/19

ビジネススクール マーケティングとイノベーションセミナー

「これでわかった!破壊的イノベーション!!」
【⽇時・場所】
●2017年10⽉21⽇(⼟) 17:00 – 19:30
●⼤阪市北区茶屋町19-19 アプローズタワー ⼤阪梅⽥キャンパス14階1405教室
講師:⽟⽥ 俊平太 関⻄学院⼤学経営戦略研究科教授

【講演概要】
業界トップクラスの優良企業であっても、あるタイプのイノベーションには 打ち負かされ滅んでしまうことがあります。このようなイノベーションは「破 壊的イノベーション」と呼ばれ、近年、注⽬を集めています。 本講演では、多くのビジネスパーソンが聞いたことはあるが完全には理解 できていない「破壊的イノベーション」について、①イノベーションとは何か、 ②破壊的イノベーションとはどのようなものかについて、順を追ってわかりやすく解説します。

【講師紹介】

玉田 俊平太

博士(学術)東京大学 MPA(ハーバード大学)

ハーバード大学大学院にてマイケル・ポーター教授のゼミに所属、競争力と戦略の関係について研究するとともに、クレイトン・クリステンセン教授からイノベーションのマネジメントについて指導を受ける。筑波大学専任講師、経済産業研究所フェローを経て現職。その間、東京大学先端科学技術研究センター客員研究員、東京大学先端経済工学研究センター客員研究員、文部科学省科学技術政策研究所客員研究官を兼ねる。研究・イノベーション学会評議員。元日経ITイノベーターズ会議アドバイザリーボードメンバー。日本経済学会および日本知財学会会員。平成23年度TEPIA知的財産学術奨励賞「TEPIA会長大賞」受賞。著書に『日本のイノベーションのジレンマ破壊的イノベーターになるための7つのステップ』(翔泳社、2015年)、『産学連携イノベーション―日本特許データによる実証分析』(関西学院大学出版会、2010年)、『イノベーション論入門』(中央経済社、2015年)、『イノベーション政策の科学:SBIR政策の評価と未来産業の創造』(東京大学出版会、2015年)、『巨大企業に勝つ5つの法則』(日本経済新聞出版社、2010年)、『ビジネス・イノベーション・システム−能力・組織・競争(日本評論社、2009年)』、『日本のイノベーション・システム—日本経済復活の基盤構築にむけて—』(東京大学出版会、2006年)がある。監修書に『破壊的イノベーション』(中央経済社、2013年)、『マンガと図解でわかるクリステンセン教授に学ぶ「イノベーション」の授業』(翔泳社、2014年)がある。監訳に『イノベーションのジレンマ』(翔泳社、2000年)、『イノベーションへの解』(翔泳社、2003年)が、翻訳に『BIODESIGNバイオデザイン日本語版』(薬事日報社、2015年)、『イノベーションの経営学』(NTT出版、2004年)などがある。

主な担当科目:テクノロジー・マネジメント、イノベーション経営、Product Innovation