いいね!
0

2017/10/19

関学IBAで学ぶ管理会計

マネジメントへの役立ちを使命とする管理会計は、会計学の主要領域の1つに数えられつつも、会計学のルールに縛られることなく経営学さらには社会科学のボーダーさえも越える広範なドメインを形成している経営管理技術の集合体である。

その目的適合性を重視する状況依存的な特性故にマネジメント理論やファイナンス理論をはじめとする多様な領域の知見を取り込んできた実学としての管理会計の領域は、合理性を前提とするマネジネント・システムの見地からは、価値創出をめざす企業等の経営管理活動を支援する未来視点の内部手段として捉えることができる。

そこで本学では、管理会計分野を、伝統的な原価計算をベースに業務が行われる現場で発生する原価を検討の対象にするコスト・マネジメントの方法論のグループと、目標利益の決定や実現等を課題とする意思決定および業績管理に有用な情報を提供する経営管理ツールのグループに二分し、それぞれを体系立てて学習すると共に両グループの相互関係も検討することによって効率的な学習を図るとともに、高度な会計プロフェッションに不可欠である総合的な理解を深める教育体系を敷いている。

さらに、昨今の急激な経営環境の変化を睨んで、経営管理者が革新的なアイデアやイノベーションを主導していくうえで不可欠な要素となる個人・組織の知的能力すなわち“創造性”の涵養を目標に、個々人の創造的な問題解決力や、情報発信力を涵養する科目も配当することによって、「優秀な経営人材の育成」及び「実践的な経営管理知識・技能の向上」という、マネジメント教育の両面を網羅する充実した体制と豊富な科目群を提供している。

徳崎 進

関西学院大学商学部卒。東北大学客員教授。ビッグ4会計事務所、日米欧大企業・金融機関の管理職等を歴任後、教育・研究活動に専念。2005年より現職。教鞭の傍ら、俳優として演劇を通じた社会教育活動にも注力。'07-現在 日本管理会計学会関西・中部部会評議員。'12-'14 アジア太平洋管理会計学会(APMAA)運営委員。'07-'09 会計大学院評価機構評価員。『VBMにおける業績評価の財務業績効果に関する研究-事業単位の価値創造と利益管理・原価管理の関係性-』(関西学院大学出版会、2012年)で日本管理会計学会2012年度学会賞(文献賞)、日本原価計算研究学会平成24年度学会賞を受賞。主な著書に、『ファイナンシャル・マネジメント・ハンドブック』(東洋経済新報社、2002年:単著)、『管理会計レクチャー〔基礎編〕』(税務経理協会、2008年:共著)、『セミナー管理会計』(税務経理協会、2016年:共著)などがある。

主な担当科目:管理会計論、意思決定会計論、創造性マネジメント、企業ファイナンス